ゆるい生活

自分が一番楽なやり方で出来る子育てを模索中

暇だにょーん

今電車にユラユラ揺られ
やっと神戸につく頃です。

疲れた~~

姫路の方まで軽く出張(笑)
遠いわ!!
このまま直帰できそうだけど
お気に入りの喫茶店でも行って
お茶して帰ろうかなあー

お気に入りの喫茶店は
カフェ、っていうほどおしゃれじゃなくて
古臭い感じが残ってて
落ち着くんだ~。

ちなみに三宮のサンキタ通りにあるお店です(*´ω`*)

揚げ枝豆+ジントニック

f:id:chairsee:20161201160702p:plain

本日のおつまみ:揚げ枝豆
本日のお酒:ジントニック

今日は揚げ枝豆というのを食べてみました。
揚げてあることで、サクサクとした食感に。

どこかで食べたような既視感があるなー、と思い、
ブルボンのピッカラ?という商品に入っている豆の
イメージかと思ったのですが、こちらは枝豆ではなく
カシューナッツのようです。

違うお菓子だったかな…?

どちらかといえば好きな方ではありますが、単独で食べると
ちょっとパンチが弱い感じでしょうか。

ここで豆ちしきー。
枝豆は大豆やねんで。

 

f:id:chairsee:20161201160702p:plain

にきびを潰すとマジで死ぬこともあるらしい!

誰でも一度は出来たことがあるであろうニキビ。

目立つ顔にあるからと自分で潰してしまった人も多いのではないでしょうか?

そんなニキビを潰すという日常的に起きる行動には実は怖い一面もあるのだと海外のニュースサイトが報じています。

 

イギリスのニュースサイトによるとにきびを潰すことによる失明や麻痺だけでなく最悪の場合死に至ると結論付けています。

とくにデンジャートライアングルと呼ばれる場所に出来るニキビは絶対に潰してはいけないデンジャラスなニキビだとか。

どこからがデンジャートライアングルかというと、目と目の間の中心点を頂点にして鼻が入るように上唇までを▲で結んだエリアのことらしい。

ここにある血管は後頭部へつながっていて脳につながる血管だという。

 

鼻の下と上唇の間にあるへこんでいる部分は「人中」と呼ばれる急所中の急所。

ここに出来たニキビをつぶすと細菌などが血液にのって後頭部、脳にまで到達。

神経中枢に最近が感染すれば失明や麻痺もおこりえます。

 

たかがニキビ・・・されどニキビ・・・

エマルジョンリムーバーは毛穴の黒ずみにも効果的だ。http://xn--ick6a7d8bl5bvf8eueb.com/

ニキビをつぶさない以前にまずはニキビが出来にくくなるように顔をしっかり洗ってニキビの原因となる皮脂を毛穴から取り除こう。

小池百合子知事になっていろいろおもてにでてきたこと

東京都知事小池百合子知事に変わってから、すぐに変革が起きていてびっくりしました。

スピードが早く量も多くびっくりしました。

築地の移設問題をストップさせることもびっくりしましたが、やはり都知事は権力がすごいと感じました。

そもそも、止めたりできるのならしっかりしてる都知事なら国民の意見をきいてからまとめていたはずです。

国の意見ばっかりですすむ都知事じゃないことに安心しました。

のり弁騒ぎも話題になっていましま。

情報公開で真っ黒に塗られた隠されたところをのり弁と小池百合子知事が言ってスッキリしました。

のり弁と言うだけではなくしっかり情報公開も言ったとおり公開したので安心です。

見積もりやら公開してましたが、経費の見積もりだけでも何万円単位で差額がでていたので信じられません。

素人でも見積もりだけで数万円差額がでるのはおかしいと分かります。

多めに見積もっといて実際足りたら良いというずさんな管理をされてたこともわかり、全体的に前の都知事関連はブラックということも分かりました。

結構、自民党の中でも都知事選挙で協力してた方も公開されてきました。

何だかんだ自民党内で結構問題があったのかと思います。

上の人だけの意見で動いていて下の人の意見は無視してるのではと感じました。

台風被害を防ぐためにはどうすべきだったのか

先日、岩手県で川の近くの高齢者施設が被害にあい、大勢の方が亡くなりました。
これだけの情報があって、なぜ防げなかったのか、疑問が残ります。
私は中国地方に住んでいますので、台風の影響はほとんどありませんでしたが、
今台風がどこにあってどう進む予定なのか、離れた場所にあっても天気予報で確認します。

確かあの台風は、観測史上初めて太平洋側を通って東北地方に進む予定だというものでした。
ということは、慣れてないのは当然だと思うのですが、だからといって予想外だったという一言では済まされないと思うのです。
やはり見通しが甘かったと言えるでしょう。

アメリカを例にとってみると、ハリケーンが現れたら、何日も前から避難の準備をしますし、結構大掛かりに通行止めや自宅待機か避難場所へ避難するなどの情報を出します。
日本はなかなか店を休ませたり、交通機関を止めることを寸前までしないような感じを受けますが、死者をいかに出さないか、というテーマで動くならば、少しはアメリカを見習っていくべきだと思います。
また、一時的に不便になるのは仕方がないという考え方に日本人がならないといけないとも思います。

実際、自治体レベルでは、アメリカの避難準備を参考に、どう指示を出していくべきか検討しているところもあると聞きました。
気象予報士を常駐させて警戒にあたるところもあります。

あの岩手の災害は、川が近くにありながら避難指示を出さなかったという大きな誤りがあったと思います。
そもそも危険個所にされていなかったのかはわかりませんが、ほとんど起こることがない地域でも、危険な事態になりそうだというときのために、対策を怠ってほしくないと思います。